無料カウンセリング申込する
フリーター

2022.06.17 最終更新

2022.06.17

アルバイトと正社員は何が違うの?|メリットとデメリットを理解して自分に適した働き方を選ぼう

3行でわかる記事まとめ

・アルバイトと正社員は違いがある


・アルバイトと正社員のメリットデメリットを見極めるのが重要


・自分に適した働き方を見つけよう


Contents

Actbiz無料転職相談はこちら

 

1.アルバイトと正社員の違い5選

・雇用期間

アルバイトと正社員の違いで真っ先に上がるのが雇用期間の違いです。

 

アルバイトは「有期雇用」の労働者になります。

雇用契約は「いつからいつまで働く」が決まっている状態で雇用契約を交わすことになります。

該当の期間以上、働くことになった場合はその都度雇用契約を結び直すことになります。

 

対して正社員は「無期雇用」の労働者です。

雇用契約を交わす際には特に期限を定めません。

そのため、基本的に雇用契約を交わすのも最初のみとなります。

 

・働く時間

アルバイトの働く時間というのは雇用契約の内容によってまちまちです。

週1から働く人もいれば、掛け持ちなどを駆使して週5以上働く人もいます。

また1日の勤務時間も繁忙時間帯のみ働く人もいれば、8時間フルで働く人も。

 

対して正社員で働く多くの人は基本的に週5日勤務です。

また勤務時間も8時間が基本的です。

アルバイトのように週1からや短時間勤務という人は非常に少数となります。

 

・給与形式

給与形式はアルバイトは時間単位で支払う時給形式、日単位で支払う日給形式が主だっています。

たいして、正社員は月単位での支払いである月給形式がほとんどです。

 

・仕事の責任

アルバイトは基本的に単純作業など比較的かんたんな仕事を割り振られることが多いです。

与えられる役割が軽い分、生じる責任も軽くなります。

たいして、正社員に求められることはただの作業だけでなく、利益や具体的な結果が求められます。

そのため、背負うべき責任もアルバイトと比較して必然的に重くなります。

 

・福利厚生

福利厚生とは

 

企業が従業員に対して通常の賃金・給与にプラスして支給する非金銭報酬(引用元:福利厚生 – Wikipedia

 

とされています。

アルバイトの福利厚生は、条件によって大きく異なります。

週1~2程度で勤務していると福利厚生に入るための条件を満たせない場合があります。

対して正社員は基本的にすべての福利厚生の対象となります。

 

・社会的信用

アルバイトはその雇用形態から、収入が安定していない状態とみなされやすいです。

そのため、社会的信用が築きにくく、ローンやクレジットカードの審査がなかなか通りにくいです。

たいして、正社員のほうが社会的信用があるとみなされやすく、実際アルバイトから正社員になったら急に審査が通るようになることも。

 

2.アルバイトのメリット

・職場をやめやすい

雇用期間が定まっているので、契約更新のタイミングと合わせれば、仕事をやめることは非常に簡単です。

また、その際も難しい手続きが特に必要ではないのも魅力です。

短期間でやめたとしても経歴への影響もあまりありません。

すぐにやめることができると考えるだけで、働く際の気持ちの持ちようも楽になります。

 

・働き方を固定されない

仕事の内容だけでなく、時間やタイミングを量などをコントロールがしやすいです。

そのため、働くこと以外にやりたいことがある人には向いています。

夢を追いかけながら、学業を続けながら、主婦のちょっとした空き時間になど。

調整さえうまくできれば、自由に働くことができるのも魅力の一つです。

 

・様々な仕事を経験できる

自分に何の仕事が適しているのかいまいちわからない。

そんな時に、アルバイトで様々な仕事を経験してみることはオススメです。

アルバイトであれば仕事が合わなかったとしても、退職しやすいためすぐに次の仕事に挑戦できます。

 

 


Actbiz無料転職相談はこちら

3.アルバイトのデメリット

・社会的信用が獲得しづらい

アルバイトはクレジットカードやローンの審査が通りづらいだけではありません。

いざ、結婚となったときにアルバイトだけで生活していると、やはり先方の家族はいい印象を抱くことはありません。

むしろ、身内をアルバイトで生活している人間に託していいのだろうかと不安に思う人がほとんどです。

 

・安定した収入が得られない

同じ労働時間でも正社員と比較すれば給与は低くなります。

これは単純な手取りだけでなく福利厚生などの側面でも同じことが言えます。

また有期雇用で働くことになるので、仕事がいつなくなるかわかりません。

そのためもし仕事が急になくなってしまった場合は、突然収入が途絶えてしまう形になります。

結果として生涯賃金にも大きな差が出てきます。

 

・年齢を重ねると仕事が獲得しづらくなる

若いころは問題ないのですが、年齢を重ねると徐々にアルバイトでも仕事を獲得しづらくなります。

特に肉体労働系は若いころは問題ないのですが、年を取ると体のあちこちに不調を抱えることも増え、続けることが困難になりがちです。

 

・限定的なスキルしか身につかない

同じ仕事を繰り返すので任せられた仕事に関してはスキルが上がりやすいのですが、限定的なスキルでその職場以外ではあまり生かすことができないケースが多いです。

そのため、いざ転職することを考えても結局未経験での転職しかできません。

 

4.正社員のメリット

・安定して働ける

正社員になると無期限雇用になるため、都度契約を結ぶこともありません。

そのため、アルバイトよりも安定して働くことが可能です。

 

・昇給や昇格がある

正社員は実績や結果を残せば昇給や昇格のチャンスがあります。

 

昇給や昇格は会社に認められたという証でもあり、自己肯定感が上がります。

 

・ボーナスがある

アルバイトでもボーナスがあるケースもありますが、基本的に正社員のほうがボーナスの額も大きくなりがちです。

もちろん会社の業績の影響もありますし、必ずもらえるわけではありません。

ただ、正社員として働く際の大きなモチベーションの一つになりがちです。

 

・やりがいのある仕事を任せられる

正社員はアルバイトと違い責任が重い仕事を任せられます。

言い換えればやりがいのある仕事を任せられるということでもあります。

誰でもできる仕事ではないからこそ、正社員として任されるわけです。

 

 

5.正社員のデメリット

・スケジュールを調整しにくい

正社員はアルバイトと比較して休みを取りづらいです。

特に長期間の休みはその責任範囲から表立って申請しにくい企業が多いです。

有給休暇を除くと、数カ月単位で休みを取得することはほぼできないでしょう。

その点は、アルバイトより働き方の自由度は低いといえます。

 

・責任の重い仕事が多い

アルバイトと違い給与が高い分、任される仕事も責任の重いものになります。

金銭にかかわるものだけでなく、社会的影響度が高いもの、命にかかわるものなど様々です。

そのため気軽な失敗は難しく、精神的に多大な負荷がかかるように感じる人もいるようです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

アルバイトも正社員もよい面と悪い面が存在します。

重要なのはそのどちらが自分に適しているのかを見極めて、自分に合った働き方を選ぶことです。

Actbizでは仕事の無料カウンセリングを行っています。

アルバイトでの働き方と正社員での働き方どちらが適しているか自分でもよくわからない場合はぜひご相談ください。

 

Actbiz無料転職相談はこちら