無職

2021.08.26

【実例あり】退職後保険の 手続きしなかったらどうなるのか

会社を退職し、無職になった後の保険の手続きって何をすればいいの?

別の企業に期間を開けることなく、転職をするのでしたら手続きは不要です。
しかし無職になる場合、保険の手続きをしなければ将来的に大損することになっていまいます!

将来、損をしないためにも退職後にやらなければいけない手続きをしっかりと理解しておきましょう!
Contents

1.無職になってしまった。自分で払わなければいけない保険って何?

実は加入しなければいけない保険はたったの2つです!

国民健康保険(国保)・・・病気やけがをしたとき、経済的な理由で治療を受けられないということがないように医療費を控除してくれるもの

国民年金保険(国民年金)・・・老後の為のお金の積立

※会社の健康保険にはいるとき、扶養になるときは国保と国民年金の加入は不要です。

 

雇用をされている時は国保の代わりに社会健康保険、国民年金の代わりに厚生年金保険に加入していて自動的に給料から天引きされています。

ですが、無職になってからは自分でコンビニへ支払いに行かなければいけません!

 

では、金額はいくらなのでしょうか?

国保と国民年金それぞれ金額が異なりますので確認してみましょう。

 

◇国民健康保険は前職の所得(給料)によって決まる。

前年1月から12月の所得をもとに計算され、前年の所得(給料)が多ければ多いほど国保も高くなります。

また国民健康保険料(税)の計算方法や料率は市区町村によって異なります

 

◇国民年金は毎月16,610円(令和3年4月~令和4年3月分)

国民年金は年によって変動があります。

たとえ無職であっても年間199,320円の支払いが必要になります。

 

でも無職なのに払えないよ!?別に怪我もしないし、入らなくてもいいでしょ!
国保も国民年金も加入は義務!それを払わなかったことで大変なことになることもあるんだ!

2.払わないとどうなるのか?実際に困った実例

◇国民健康保険

国民健康保険に加入していない場合、怪我や病気で病院にかかった際、高額な医療費が請求されることになってしまいます。

保険証を持っている場合、原則的にはかかった医療の7割に保険が適用されます。(義務教育就学前は8割、70歳〜74歳は7割〜8割)

全額払うとなると、無職には結構な痛手になります。

≪実際の例≫

◇国民年金保険

国民年金保険は滞納が続くと延滞料金が課せられ、最悪の場合、自分のや家族の財産を差し押さえられることもあります。

≪未納の連絡≫

催告状…ハガキで届きます。未納であることの通知です。

特別催告状…催告状を無視すると封筒が届きます。封筒は三色あり、青色封筒、黄色封筒、赤(ピンク)色封筒の順に強い警告になります。赤(ピンク)色の封筒も無視を続けると最終催告状が届きます。

最終催告状…延滞金なしで支払える最後の通知になります。最終催告状を無視すると本格的な財産差し押さえの予告が始まります。

督促状…督促状が届く頃には催促の連絡がかかってきたり、自宅に訪問されることも。期限内に納付しなければ延滞金(年14.6%)が課せられる旨も記載されています。

差押予告通知書…強制的に回収しますという最後通告です。この予告期間を過ぎても保険料を支払わない場合は、「差押え」をされてしまいます。

 

参考記事:https://fuelle.jp/money/pension/special-notification-letter-for-the-national-pension

 

≪実際の例≫

・銀行口座が凍結

・勤務先から給与の一部を受け取ることができなくなります

・不動産や自動車、解約返戻金のある保険なども差し押さえられ

引用:https://saimu-nexpert-lawoffice.com/kokuminnenkin-sashiosae/

 

そんなの困るよ!すぐに払いに行かなきゃ!!!あれでもどうやって手続きするんだ?
慌てない、慌てない。手続きのほとんどは役所などの公的機関に相談すれば大丈夫だよ。

3.手続きはどうすればいいの?

◇国民健康保険

加入手続きは原則退職日の翌日から14日以内に行います。

(任意継続、家族の扶養に入らない場合)

市区町村役所の「健康保険窓口」で、健康保険資格喪失証明書・加入用の書類を提出をすれば完了となります。

 

14日を過ぎてしまった場合はすぐに手続きをしにいきましょう!

引用:https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/11692/

 

◇国民年金保険

国民年金に切り替える手続きは、退職日の翌日から14日以内に行います。

住民登録している市区町村役場の国民年金担当窓口でおこなってください。

 

〈国民年金への切り替え時に必要な書類〉

・年金手帳

・退職日が確認できる書類(離職票、健康保険資格喪失証明書、退職証明書)

・身分証明書

・印鑑

 

支払い方法は3つあります。

(1)納付書 (2)口座振替BANK (3)クレジット

自分にあった支払い方法を選択しましょう!

 

引用:https://www.nenkin.go.jp/service/pamphlet/seido-shikumi.files/3.pdf

 

4.保険の手続きは絶対にした方がいい!

どちらも国民の義務です。

国民健康保険は払わないメリットはありません。

 

急な怪我や病気はいつ来るのか読めないものです。

 

また、国民年金保険も同様、未納が続くと差し押さえをされてしまったり、老後の年金に大きく関わります。

 

月々の支払いは痛いかもしれませんが、現在無職だからといって支払いを怠ってしまうと将来困るのはあなた自身です。

 

貯金がなく、どうしても払えないなど苦しい時期を過ごしても

社会復帰をすれば給料がもらえ、後日の滞納の支払いもできます(確認)

 

仕事を辞めた理由は様々だと思います。

 

 

 

仕事から解放された今は存分に羽を伸ばし、心が安らいだら

ぜひ、将来のことも考え、一歩踏み出してみてください。