2021.11.10

「仕事に行きたくない」気持ちと向き合うあなたに。行きたくない原因と対策をお教えします。

「仕事に行きたくない」と感じることはありますか。

「職場の人間関係がうまくいかない」「仕事が忙しすぎて休む暇もない」「給料が安くて、働いている意義を感じられない」などなど、

「仕事に行きたくない」と思う理由は千差万別です。とはいえ、ずっとそのまま同じ状態であるのがいいわけではありません。

今回は、「仕事に行きたくない」と思ったときに、どのように向き合うのがいいかをご紹介していきます。

Contents

1.「仕事に行きたくない」気持ちを抱え続けることの危険性。

「仕事に行きたくない」という気持ちは誰もが持ちうる当たり前の感情です。

ただ、仕事や人生に対して真面目な人ほど、これらの気持ちを押し殺してしまいがちです。

「ほかの人は真面目に出社しているのに……」

「もっと大変な仕事をしている人もいるのに……」

という形で自分の気持ちをごまかし続けると、メンタルヘルスにも大きな悪影響を及ぼします。

そうなる前になぜ自分は仕事に行きたくないと考えているのか冷静に見つめなおしてみましょう。

 

2.「仕事に行きたくない」原因と対策

「仕事に行きたくない」原因としてよく上がる内容には下記のようなものがあります。

 

・職場の人間関係に悩んでいる

職場の人間関係は、仕事に行きたくない理由としてよく上がるものの一つです。

パワハラ気味な上司、真面目に働かない同僚、言うことに反発する部下など。

しかし他人をコントロールするのはなかなか現実的ではありません

そのため対策としては、環境を変えることを検討してもいいでしょう。別の部署へ異動を申し出るなどです。

また、自分のことを理解してくれる人間がいるだけでも、だいぶ気持ち的には楽になります。

職場内で信頼関係を築ける人を探して、小さいところから職場の人間関係を改善していけないかを検討してみましょう。

 

・給与や待遇に不満を抱えている

自分はしっかりと利益も出している、実績も上げている、なのに給与も待遇も変わらない。

そんな状況が続くとモチベーションは下がる一方で、仕事に取り組む気力もわきません。

仕事に行きたくないという気持ちにつながってもおかしくないです。

対策としては自身の実績をアピールできる機会があれば、積極的に行っていく。

そして現状の評価に納得がいかない旨を、社内での面談時や直属の上司に伝えていくことになります。

そのような評価制度がしっかり用意されている会社でない場合は、転職なども検討して環境を大きく変えることを視野に入れることを考えましょう。

 

・仕事へのプレッシャーで心が折れそうになっている

ささいなミスが大きな事故に発展してしまう可能性がある人命を預かる職場。

大金を取り扱う立場で判断によっては会社に多大な損害を与えかねない職場。

上司から大きく期待されているが、思い通りの結果が残せてない職場。

 

など責任が重く精神的にかかるプレッシャーが強い仕事は、気づかぬ間にメンタルダメージが積み重なり、限界に達したと同時に仕事に行きたくなくなってしまうことがあります。

対策としては普段から自身のメンタルケアに力を入れ、自分なりのストレス解消方法に取り組むことが効果的です。

それでケアが追い付かない場合、長期休暇などで心体ともにしっかりと休ませることを検討しましょう。

 

・体力的に疲れを感じている

肉体労働系や単純作業系で特に「仕事に行きたくない」理由の一つとして上がりやすいケースです。

仕事が慣れてくると、体の使い方にもなれて体力の消費も抑えられるようになりますが、そこまで肉体が持たない場合も。

普段から肉体づくりを行い体力をしっかりつけるなどで対策が可能ですが、長期休暇は一時的に体が休まっても働き始めたら再発してしまうことから、問題の根本的解決とはなりません。

体力の回復が追い付かない場合は体を壊す前に転職も検討に入れたほうがいいかもしれません。

 

・通勤が憂鬱すぎる

勤務先が自宅から遠すぎる、使用している時間帯の電車の混雑度が非常に高い、などで仕事そのものより、そもそも通勤すること自体が憂鬱になってしまうケースです。

解決方法としては、より職場の近くに引っ越しをする、電車の混雑度が高い時間帯を避ける、他の交通網が使えるのであればより混雑度が低いルートを選択するなどが考えられます。

また、どうしても通勤という行為自体が嫌でしょうがないということであれば、リモート形式の仕事を探すことも検討してみましょう

 

3.「仕事に行きたくない」気持ちをいったん乗り切る方法

よくある仕事に行きたくない原因と根本的な対策方法をご紹介しましたが、現実問題そんなすぐに転職を検討したり、人間関係を改善したりすることは難しいです。

根本的な解決にはつながらなくても今日一日をいったん乗り越えてる、そんな方法をいくつか覚えておきましょう。

メンタルケアとしても非常に有効です。

 

・仕事が終わった後のご褒美を用意する

もし、行きたくない気持ちを乗り越えて今日一日仕事を乗り越えられたなら

 

自分へのご褒美にいつもより豪華なご飯を食べよう、

ずっとほしかったゲームを買ってプレイしよう、

たまには映画館で好きな映画を見よう

 

のように乗り越えた後の楽しみを自主的に用意してみましょう

非常に単純ではありますが仕事へのモチベーションを上げることができるので、いつもより効率よく働けたりも。

 

・信頼できる人に相談してみる

仕事に行きたくないという気持ちを言葉として吐き出すだけでもメンタルには非常にいい影響があります。

なので、自分が信頼できると思う人に仕事が行きたくないという相談をしてみましょう

職場に相談できる人が存在しない場合には友人や家族などに話を伺ってみるのも一つの手です。

ただし、今の状態仕事に行きたくない状態をただ乗り切りたいということが目的であれば、具体的な解決策などは現時点の相談では求めないようにしましょう。

 

・気持ちをリフレッシュしてみる

心身をリフレッシュするものは人によって様々ですが、自分なりのリフレッシュ方法があるのなら、それで気分転換を行いましょう。

晴れた日に公園を散歩する、マッサージ店で指圧をうける、銭湯や温泉で長風呂してみる、おいしいお酒が飲めるお店でご飯を食べるなど、

すこしでも「とりあえず明日一日頑張ってみるか」という気持ちに切り替えられれば成功です。

特にそういうものがを持ち合わせてない人は、逆に自分なりのリフレッシュ方法を探してみましょう。

 

4.「仕事に行きたくない」ときに絶対にやってはいけないこと

いままでは仕事に行きたくないときにどうすればいいのかを中心にお話してきました。

では逆に「仕事に行きたくない」時にやってはいけないことはどういうものでしょうか。

 

・自分はダメな人間なんだと思い込む

仕事にいきたくない気持ちは誰もが持ち合わせる感情の一つです。

ですが真面目に仕事に取り込んできた人ほど、そういう気持ちを持ってしまうことに罪悪感を持ってしまいがちです。

そういう気持ちをずっと抱え込んでいるとメンタルに重大な支障をきたす場合があります。

まずはそういう気持ちを持つことは当たり前のことだと認識し、自分をあまり卑下しすぎないようにしましょう

 

・連絡なしで無断欠勤をする

仕事に行きたくない気持ちが限界となり突発的に休むこと自体は仕方がない側面があります。

ただし、欠勤の際は必ず職場に一報を入れたうえで休むようにしましょう。

無断欠勤は職場の人間にも心配や多大な負担をかけてしまう形になります。

今後、また同じ職場で働くことを考えるとしても心象もよくないため、気を付けましょう。

 

・突発的に仕事を辞めてしまう

今後の人生にかかわる選択を突発的に判断してしまうのは非常に危険です。

「仕事に行きたくない」という気持ちが「仕事を辞めたい」という判断を行う場合は

根本的な解決方法がもうそれしかない状態であると判断してから、やめるようにしましょう。

精神、肉体にすでに危険信号が出ている場合でも、仕事を辞める前に医者に相談するだけでもその後の手続きがスムーズに行われる場合もあります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

仕事に行きたくない気持ちと向き合うためにいくつか原因と対策をご紹介しましたが、現在の職場環境ではそもそも根本的解決が難しい場合も多々あります。

そのような場合は、環境を大きく変える必要があります。転職も視野に入れて考え始めましょう。

重要なのは仕事に行きたくない気持ちを抱え続けるのはよくないですが、それを解決する方法は自分が何かしら行動する以外存在しないことです。

仕事に行きたくない理由は何なのかをしっかりと見極めて、自分で出来ることから向き合い始めましょう。